シミを消すのに有効な化粧品ランキング!

シミ改善化粧品は年齢に応じて選ぶ?

肌にシミがあるだけで、顔全体の印象を左右します。どんなに顔立ちが美しくても、目立つシミがあると損をしてしまうことがあるでしょう。
シミは意識次第で改善できることもありますから、諦めずにケアしてみませんか?
ただ、シミのケアといっても、肌の質や年齢に合わせたケアが必要になります。それは、シミができた原因によってもケアの仕方が異なるからです。

 

では、どのようなケアが有効になるのか、年齢別にチェックしてみましょう。

 

 

〜20代までにできたシミをケアするなら〜
若いうちにできるシミは、多くがニキビ跡からできるものです。まずは、ニキビのケアを徹底的に行います。10代の頃はニキビが出ることがよくあると思いますが、ターンオーバーが正常ですから回復も早くなります。しかし、20代に入ると徐々にターンオーバーの周期が長くなっていきます。
ニキビ跡のケアをせずにそのままにしておくと、色素沈着が進み、やがてシミへと変化していきます。
20代でシミを作らないためには、肌のターンオーバーを整えることが大切です。シミを作る原因は、メラニン色素の生成や活性酸素にあります。これらの原因要素を取り除くために、抗酸化作用のある基礎化粧品を取り入れることが効果的です。
特に抗酸化作用に優れているのは、ビタミンCやビタミンA、ビタミンE、セレン、亜鉛といった物質があります。
また、紫外線を浴びないための日焼け止め対策や、ニキビケアも万全にしましょう。脂性肌の方は、こまめに洗顔するなどの対策を取ります。肌を乾燥から守ることも必要です。

 

20代の方におすすめしたい基礎化粧品は、抗酸化作用と保湿効果に優れた、ビーグレンの美白トライアルセットです。

 

 

〜30代でできたシミをケアするなら〜
30代では、肌のターンオーバー周期がさらに長くなります。
それまでは目立たなかったシミでも徐々に目立ち始めます。また、将来シミになりそうなシミ予備軍ができるなど、肌の調子が変化してきます。
肌の奥にあるメラニン色素を出すとともに、メラニン生成を抑えることがポイントです。
また、新たなシミを作らないよう徹底した紫外線対策を行いましょう。
抗酸化作用のあるビタミンCでシミ生成を予防し、できてしまったシミのケアには有効成分が配合された基礎化粧品を選びます。

 

30代の方におすすめしたい基礎化粧品は、アンプルールのラグジュアリ―ホワイトシリーズです。ハイドロキノンの効果でシミを解消しましょう。

 

 

〜40代でできたシミをケアするなら〜
急激にシミが目立ってくるのが40代以降です。ターンオーバーの周期も、40代では20代の倍はかかります。
シミが出始めると、シミ予防化粧品の使用では十分な効果が得られません。もちろん紫外線対策によるシミ予防は欠かせませんが、既に沈着しているシミの改善を考える必要があります。

 

シミは簡単には落とせません。そこで、肌の漂白剤とも言われるハイドロキノンの利用が有効です。目立つシミを薄くしたり、元々薄いシミならキレイに消すこともできます。配合率に気を付けて自分に合った基礎化粧品を選びましょう。

 

40代の方におすすめしたい基礎化粧品は、ビーグレンの美白トライアルセットとアンプルールのラグジュアリ―ホワイトシリーズです。とちらも高い美白効果が実感できます。

 

 

シミができる原因とは?

肌にシミができてしまう原因は、元々の肌質だけではありません。シミができる原因を知り、正しい対策を取ることで、シミのない美しい肌を守ることができます。
では、シミを作る原因をいくつかチェックしてみましょう。

 

1、紫外線
最も多く考えられるのが紫外線の影響です。シミは紫外線によってメラニン色素が生成することで起こります。
シミが肌表面に現れるまでには時間が掛かるため、紫外線を浴びた直後に発生するわけではありません。紫外線を浴びた数日後にシミが発生したり、ある程度年齢を重ねた後に発生することもあります。
紫外線を浴びないためにも、UV対策はしっかり行いましょう。また、同時に抗酸化作用のあるビタミンCなどを取り入れると、より高い効果が得られます。

 

2、年齢
若いうちは簡単なケアでシミを予防できても、年齢を重ねた肌は機能が低下するため、徹底的なケアを心がけることが大切です。
いつまでも若々しい肌でいるためには、年齢に応じたケアをする必要があります。
また、年齢の増加とともに肌のターンオーバー周期も長くなります。

 

3、女性ホルモン
女性の月経前と月経中は黄体ホルモンの分泌が盛んになり、肌トラブルが起きやすくなります。逆に黄体ホルモンの分泌が減った場合も、細胞再生能力が落ちてシミが発生されやすくなります。ホルモンバランスを整えるサプリメントなどを取り入れましょう。

 

4、栄養バランスの乱れ
食生活が乱れると、栄養バランスが偏りがちになります。シミを防ぐためには、野菜や果物に多く含まれるビタミンCの摂取が大切です。また、喫煙はビタミンCを破壊するので控えましょう。

 

5、生活習慣の乱れ
睡眠不足や運動不足、過度なストレスはホルモンバランスを崩しやすくします。皮膚細胞を酸化させることで、シミができやすくなりますから気を付けましょう。

 

 

以上が身近に潜むシミの原因ですが、どれも対策が取れないわけではありませんね。シミはできる前に予防することから始めましょう。
できてしまったシミにはシミサプリが良いらしいです。


手をつなぐ